NEWS

オープンまで1ヶ月、「発酵食堂やぎさわ」の試食会。

カモシーのメンバーで、八木澤商店が運営する「発酵食堂 やぎさわ」の試食会を行いました。
メニューはこちら。

ふっくらと焼き上がった大船渡産 鮭の甘酒白味噌漬け焼きは、
鼻から抜ける白みその香りと、甘酒のみりんや砂糖とは違うやさしい甘味がたまりません。

さんまのすり身汁も、出汁ってこんなにおいしいものでしたっけ?と思うほど
具沢山の食材のひとつひとつから、うま味が染み出しています。

最後は国産のわらび粉と和三盆を使ったわらび餅です。
自然な甘さと歯切れのよいもちもち食感。
きな粉や黒蜜を付けずに食べても大満足です。

早くみなさまにも食べてもらいたいです。
あと少し、お待ちくださいませ。

どんどん進む、CAMOCYの建築現場から。

三角屋根とガラス窓たくさんが、目印の施設です。

中に入ると天井の窓から光が入ります。

ここには、ストーブが設置され、冬でもポカポカの館内。

こちらは、「陸前高田マイクロブルワリー」の工房です。
おいしいビールとクラフトコーラなどなど自家製のドリンクが楽しみなお店です。

カモシーには、おいしいパン屋さんも入ります。
「ベーカリー マーロ」は、東京や千葉の名店で修行したパン職人の塚原さんが、
陸前高田に移住してパンを焼いてくれます。

こちらの土は、「デリ&弁当 ジャンティー」さんの敷地です。
この光のさす床の上で、オーナーの柴田さんが、発酵を使ったお惣菜やお弁当を作ってくれます。

窓ガラスに囲まれたこちらのお店は、陸前高田初となるビーン トゥ バー チョコレートのお店
「カカオブローマ」さん。
オーガニックカカオと黒糖でつくるチョコレートは、他にはない唯一無二のおいしさです。

カモシーの言い出しっぺの八木澤商店 河野さんの「発酵食堂 やぎさわ」と「カモシー発酵マーケット」の場所です。
食堂では、醤油屋だからこその味付けにこだわったおかずたちを、お櫃ごはんにして提供します。

マーケットでは、日本中、世界中の発酵食品をどんどん増やしていきながら、成長と発酵をするお店を作っていきます。
こちらの一角には、and recipeがセレクトする本や台所用品も販売します。

皆さんにお食事をしていただく、フードホールの天井は高くて心地よい空間です。
カモシーは、12月中旬のオープンを目指して、急ピッチで準備が進んでいます。
SNSやメッセージなど、いつも嬉しいコメントをありがとうございます。

スタッフ一同、オープンまで全力疾走で駆け抜けてまいります!

CAMOCY、屋根と壁がつきました。

9月4日に行われた上棟式から1ヶ月ほど経ちました。
陸前高田のおいしいお米「たかたのゆめ」の新米や、きのこもおいしい季節です。

HPのリニューアルにあたり、
上棟式の時に撮影したCAMOCYの様子を昨日アップしたばかりですが
CAMOCY女将の阿部さんから最新の建物の進捗が届きました。

えぇ!少し見ない間に!

屋根ができてる!

壁もガラスも入りました。

12月のオープンに向けて、
着々と建物が出来上がって来ております。